芸能人・有名人のあれやこれや

あの人気有名人・芸能人の秘密に迫る

じゅんいちダビッドソンの嫁は沖縄人なの?父親と年収が気になる!画像あり

   

個の力を高めていくことが大事でおなじみのサッカー選手・本田圭佑選手のモノマネでおなじみのじゅんいちダビッドソン。

R-1グランプリで優勝して以降、一気に注目度があがったのだが、彼のプライベートな部分が気になりますよね。

というわけで、今回はじゅんいちダビッドソンの嫁さんが沖縄の人であるという噂や、父親と年収についてをまとめていきます。

嫁は沖縄人?

まずはじゅんいちダビッドソンの経歴から。

本名:内海潤一(うつみじゅんいち)

1975年2月4日生まれで年齢は40歳。

実家は兵庫県尼崎市。

補足:2014年には無回転屋じゅんいちとして活動。

そして、2014年12月28日に妻と結婚

お相手は、売れない時代から支えてくれた一般女性とのことです。

なお、一般人のため、名前や画像は公開されていません。

結婚を決めたきっかけは、女優の秋野陽子さんから「そろそろプロポーズしなさい」と言われたことで、踏ん切りがついたそうです。

そして、プロポーズは公開が付き添ってカメラ撮影までしていたので、本田圭佑ばりの白いスーツにバラの花束を持っておこなったそうです。

じゅんいちダビッドソンは今年で芸歴17年目を迎えるのだが、最近まで芸人としてまったく稼ぎが無かったのですが、月給15万円程度の彼女が支えてくれたそうです。

ただ、月15万円で2人で生活していくのは少々厳しいのではないかと思います。

すると、意外な事実が分かりました。

実は、じゅんいちダビッドソンの奥さんの実家は沖縄県の資産家だから、実家の援助もあり2人は生活できていたという噂が浮上してきました。

嫁さんの実家が沖縄県であることは噂レベルですが、資産家であることは間違いないそうです。

いずれにしても、じゅんいちダビッドソンにはそれだけの魅力があったということですね。

売れたらすぐに別れるなんてことはしないでほしいですね。というか、できないですよねw

父親と現在の年収について

じゅんいちダビッドソンさんは普通の家庭で育ったそうなので、父親は普通のサラリーマンだったようです。

ちなみに、じゅんいちダビッドソンさんと似ていると言われている平尾勇気さん。

h


スポンサードリンク


そんな彼の父親は作曲家として有名な平尾昌晃さんです。

h2

そして、じゅんいちダビッドソンさんの現在の年収ですが、2013年までは年収で30万円程度だったそうですが、R-1グランプリで優勝して以降は年収が3000万円まであがったそうです。

その後は仕事が落ち着いてきて、現在は年収1000万円あたりとのことです。

これで、奥さんの実家からの手助けは必要なくなりそうですね。

いやむしろ、恩返しをしなきゃいけないですねw

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回分かったことは、じゅんいちダビッドソンさんの嫁さんは、沖縄出身で実家が金持ちであること。

じゅんいちダビッドソンの最高年収は3000万円であること。

などをお伝えしました。

本田圭佑のモノマネもあと5年もすれば飽きられると思うので、今後はどういったネタでいくのかが勝負所ですね。


スポンサードリンク


新ネタ期待してますw


スポンサードリンク


 - お笑い芸人まとめ