芸能人・有名人のあれやこれや

あの人気有名人・芸能人の秘密に迫る

毒蝮三太夫の子供と自宅を調べてみた!嫁や本名は?画像あり

   

蛭子能収さんと思いきや毒蝮三太夫さんですw

・嫁と子供はどんな人?

・自宅はどこ?

ということについてをまとめてみました。

プロフィール

名前:毒蝮 三太夫(どくまむし さんだゆう)

生年月日:1936年3月31日

年齢:80歳

聖徳大学短期大学部客員教授

所属事務所:まむしプロダクション

身長170cm、体重78kg

もう80歳ですか。

本名は?

本名は石井伊吉(いしいいよし)。

なお、この名前は昔使っていた芸名でもあります。

学歴

台東区立下谷中学を卒業後、都立大森高校を卒業。

大学は、日本大学芸術学部映画学科を卒業している。

家族構成

父親は大工だったそうで、もともとは大阪府住吉区生まれである。

経歴

中学校1年の時、友人と共に『鐘の鳴る丘』の舞台のオーディションに行ったところ、台詞の読みの闊達さを買われて自分だけが採用され、戦災孤児の役で子役デビュー。
この舞台をきっかけに児童劇団に入り、NHKのラジオに出演。

1966年には『ウルトラマン』に科学特捜隊のアラシ隊員役で出演、子どもたちの人気者となった。
引き続き翌年の1967年に制作、放送された『ウルトラセブン』でもほぼ同様の役柄であるウルトラ警備隊のフルハシ隊員として出演した。

毒蝮三太夫,子供,自宅,嫁,画像

出典:http://www.asahicom.jp/


スポンサードリンク


また、笑点にも出演していたとのことです。

毒蝮三太夫,子供,自宅,嫁,画像

出典:http://pbs.twimg.com/

「毒蝮」という芸名は、当時の司会者立川談志が「怪獣ドラマに出演しているなら怪獣風の芸名にした方が良い」
「怪獣にも負けないような名前で、蝮ってのはどうだ?」と名付けたもの(談志は石井が登場した当初から「マムシ」と呼んでいたが、
5代目三遊亭圓楽が「ただのマムシじゃ面白くねぇ、毒を付けろ」と言ったのを談志が気に入り定着させた)。
また下の名前の「三太夫」は『笑点』より前に出演していた『談志専科』という番組で石井が家老・田中三太夫役に扮し、
殿様役の談志と社会風刺や世相卷談を繰り広げていたことが元で命名された。

現在に至るまで、俳優業よりもタレント業での活躍が目立つ。
「おばあちゃんのアイドル」「巣鴨のスター」の別名を持つ。

嫁は?

毒蝮さんは若い頃に結婚しているのですが、

奥さんについての主な情報はありませんでした。

毒蝮さんが2005年に病気で入院し、余命わずかと宣告されたときには

奥さんがかなりの支えとなり、そのおかげで毒蝮さんは奇跡の回復をしたのだとか。

なお、子供についてはいらっしゃるとという情報と

いないという情報がありましたので、詳細は不明です。

自宅は?

毒蝮さんの自宅は幼少期は大阪、品川区中延、横浜市戸塚区と移り住み、

最終的には都内の浅草竜泉寺に住むようになりました。

現在も台東区に住んでいると言われています。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、毒蝮三太夫さんには奥さんがいるが、子供については不明。

自宅は東京都台東区。

ということなどをお送りしました。

毒舌キャラで「ジジイ」、「ババア」などと罵るのが人気の秘訣ということで

「アウト×デラックス」に出演されます。


スポンサードリンク


どんなアウトなトークが繰り広げられるのか楽しみですね。


スポンサードリンク


 - お笑い芸人まとめ , , , ,