芸能人・有名人のあれやこれや

あの人気有名人・芸能人の秘密に迫る

滝沢カレンに障害があるってマジ?日本語がわざとらしいのは昔から!画像あり

   

t1


スポンサードリンク


今夜のナカイの窓に出演予定であるモデルの滝沢カレンさん。父親がウクライナ人で母親が日本人というハーフモデルなのだが、日本語が変であり、ネット上では言語障害者ではないかとまで言われる始末。

その一方で、わざとらしいしゃべり方をしているので、昔からのクセなのかもしれないとも言われています。

今回はそのあたりを検証していきたいと思います。

障害の噂について

では、軽く滝沢さんのプロフィールをWikiなどを参照にまとめていきます。

滝沢カレン

1992年5月13日生まれの23歳

スターダストプロダクション所属のハーフタレント

2008年に雑誌「セブンティーン」でグランプリを獲得してから専属モデルとして活動して、2011年からは「JJ」の専属モデルとなっている。

ではでは、滝沢さんの障害疑惑についてですが、以前「踊るさんま御殿」に出演した際に話の筋が見えないことを多く話していたからだと言われています。

というのも、さんま御殿ではお題に従ってさんまさんから指名を受けて話を展開していくのだが、その話が共演者に上手く伝えることが度々できなかったので、

「言語障害者なのか?」

と、ネット上では囁かれていました。しかし、実際は言語障害者であるという事実はなく、ただ緊張していただけというオチでした。

t2

うん、何故だろう。安心しましたw

日本語のしゃべり方がわざとらしい

さて、滝沢さんは日本生まれの日本育ちですが、日本語のしゃべり方がわざとらしいと言われています。このことは母親の職業が少し関係しているようです。

というのも、滝沢さんの母親のさゆりさんは純粋な日本人なのだが、職業はロシア語の通訳

そういった職業だったため、カレンさんが幼いころから周りは「日本語が片言なロシア人ばかり」という環境だったそうです。

そのことは母親のさゆりさんも少し後悔していたようですが、今となっては笑い話になっているのでカレンさん自身もあまり気にしていないそうです。

ちなみに、母親のさゆりさんは通訳の仕事は辞めて、現在バレエ教室を経営されているそうですよ。

それにしても、周りがロシア人だらけとは不思議な環境ですね。

話は変わりますが、ロシア人はきれいな女性が多いので私もそのような環境を体験してみたいと少し思ってしまいました。

というわけで、しゃべり方がわざとらしいのではなく、昔からの環境が影響しているようですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回の調査で分かったことは、滝沢カレンさんのしゃべり方がわざとらしいのは、言語障害という理由ではなく、

昔からの環境が原因で日本語が上手ではないということが判明しました。

最近は、ハーフタレントの台頭が目立ちますのでいかに芸能界で生き残るか各事務所もいろいろと戦略を練っているのでしょう。

ローラ、ダレノガレ、マギー、ラブリ、、、挙げればキリがありません。


スポンサードリンク


滝沢カレンさんも激化するハーフタレント界で競争を勝ち取って頑張ってほしいですね。


スポンサードリンク


 - 女性アイドルまとめ